クリアネイルショット基礎知識

クリアネイルショットなら妊娠中や授乳中の爪水虫にも安心!

投稿日:2019年8月4日 更新日:

なかなか治りにくい爪水虫にも効果を期待できるのが、クリアネイルショットです。

しかし、妊娠中や授乳中の女性にとっては赤ちゃんへの影響も気になるところ。

その点については、安心して使用できるのでしょうか?

植物由来の塗り薬だから安心して使用できる!

このような女性の悩みを解決してくれるのが、クリアネイルショットです。

ポイントは浸透力に特化した独自の製法にあります。

爪は水分はしみ込みにくい一方で、油分にはなじみやすい性質を持っています。

そこでアプローチ成分をあらかじめオイルで包み込むことで、その浸透をサポート。

さらに、ジェルによって爪にもしっかりと付着し、成分が流れ落ちたり、蒸発したりすることをふせいでくれます。

これらの製法によって、塗り薬でもしっかり爪水虫に効果を期待できるようになっているわけです。

また、クリアネイルショットはいわゆる医薬品ではありません。

成分に使用されているのは、竹酢液やスクワラン、ティーツリー葉油、アボカド油など、おもに天然素材の植物由来のものばかり。

これらのやさしい効果でゆるやかに体質をととのえ、爪水虫を改善していくことを目的としています。

そのため副作用などの報告もなく、安心して使用することができるようになっています。

パッチテスト済みなのでアレルギーの心配もありませんが、どのような反応が出るかは個人差があります。

気になる場合はあらかじめ成分表示をよくチェックして、肌などに異常が出た場合はすぐに使用を中止してください。

妊娠中や授乳中の女性には爪水虫を治す方法がない?

妊娠中や授乳中の女性にとって、爪水虫はやっかいな病気のひとつです。

まず、市販されている水虫薬では爪水虫はほとんど治療することができません。

その理由は、爪が体のなかでもっとも硬いタンパク質でできていることにあります。

その硬さのために、薬を塗ってもせっかくの有効成分が奥まで浸透しないのです。

したがって、足裏に使うことを目的とした薬を爪水虫に流用したとしても、ほとんど効果を期待することができないわけです。

そこで、医療機関では爪水虫に対して、おもにラミシールやイトリゾールといった飲み薬を処方しています。

これらの抗真菌薬にはとても強い殺菌効果があり、服用することで体内から爪水虫の原因となる白癬菌を取りのぞいてくれます。

ただし強い副作用もあり、特に肝機能や消化器などに不調をもたらす可能性があります。

もちろん、赤ちゃんにも影響が考えられるので、妊娠中や授乳中の女性には使用が認められないこともあります。

塗り薬では効果がなく、飲み薬では副作用が強すぎる。

この2点が、妊娠中や授乳中の女性にとって爪水虫を治す高いハードルとなっているのです。

使用が心配な人はまず相談してみよう

クリアネイルショットは、製造元の「北の快適工房」の公式サイトでも、妊娠中や授乳中の使用については基本的に問題ないとしています。

ただし、デリケートな時期でもあるので、心配な場合は使用前にかかりつけの医師などに相談することもすすめています。

また、「北の快適工房」では消費者の疑問に答えるために、つねに健康管理士とスキンケアアドバイザーによる相談も以下で受け付けています。

電話番号:0570-55-0717
受付時間:平日10:30〜12:30、13:30〜17:00

電話中にセールスを受けるようなことはいっさいないので、ぜひ気軽にたずねてみてください。

また、WEBフォームでも24時間いつでも相談を受け付けています。

まとめ

赤ちゃんへの心配もあり、ついつい放っておきがちな爪水虫。

しかし、悪化することで爪がはがれたり、家族にうつったりするケースもあります。

クリアネイルショットなら安心なので、しっかり治しておきましょう。

 

実際に使ってみた感想
↓  ↓  ↓
クリアネイルショット 口コミ

-クリアネイルショット基礎知識
-

Copyright© クリアネイルショットの口コミ!40歳会社員がクリアネイルショットを60日間使ってみた体験レビュー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.