クリアネイルショット基礎知識

クリアネイルショットが白癬菌に効果を実感できるのは何で?

投稿日:2018年8月26日 更新日:

クリアネイルショットはなんで白癬菌に効果を実感できるのか?

強い浸透力に特化して開発された爪のカサつき・ゴワつき・濁り爪に対して有効なジェルです。

堅いタンパク質から出来ている爪の表面に何かを塗布しても、多くの場合で爪の内部や下に隠れた皮膚まで到達することはありません。

その点浸透力に特化して開発されているので、有効成分をより深くまで浸透させることを目指して作られています。

クリアネイルショットは白癬菌に効果を期待できる成分!

クリアネイルショット 白癬菌

クリアネイルショットに含まれる成分は、有効成分として竹酢液が含まれているためにカビに対する殺菌力があります。

白癬菌もカビの一種ですから、医薬品とは異なり具体的にどのくらいの割合で白癬菌を死滅させるといった効果は数値として存在しません。

また医薬品とは異なり、副作用の心配をする必要が無く治療目的ではなく”予防目的”で使うことに適した製品です。

それでも竹酢液が防カビ効果が実感できることを、既に体感で知っている人も多いでしょう。

具体的に24時間でどのくらい白癬菌を死滅させることが出来るといった数値は無いものの、成分に含まれている竹酢液が爪の奥深くまたは爪の下に有る皮膚組織にまで毎日塗布することで浸透したならば、ある程度の白癬菌抑止を行ったとしても不思議ではありません。

 

とくに爪の”保湿”によって白癬菌を退治!?

クリアネイルショット 白癬菌

濁り爪だけでなく爪の乾燥やゴワつきを取るためには保湿が大切であって、保湿力が高く殺菌作用がある成分が奥深く浸透していれば、白癬菌がこれ以上増殖出来ない環境が整うことにもなるわけです。

医薬品としての爪水虫対策品であっても、1年近く塗り続ける必要があるならば、クリアネイルショットを毎日塗布して白癬菌だけでなく他の細菌の増殖も抑えることが出来たなら、足の爪を健康的に保てると考えて良いです。

 

濁り爪自体が白癬菌以外のカビの一種が爪に入り込んで悪さをしている状態ですから、同じカビの一種である白癬菌に対しても完全に滅菌は出来なくても繁殖しづらくする環境を作ることは出来ていると考えられます。

爪水虫に対して使いたいならば、爪水虫対策用の内服薬と併用して白癬菌が増えないようにすると良いです。

 

クリアネイルショットのアプローチ成分には、竹酢液以外にチモール液・ヒノキチオール・ウンデシレン酸・ティーツリー葉油・レモンティーツリーがあり、爪を清潔に保ちます。

カビの一種が繁殖するためには、爪がカサついていたり汚れが目立つ状態が必要となるので、アプローチ成分により綺麗な環境を整えてしまえばカビの繁殖自体が難しい環境になるわけです。

スクワランとアボカドオイルにより爪を柔らかくして、保湿と有効成分の浸透力を高める工夫がされています。

アプローチ成分を爪の奥深くにいかにして届けるかという点に特化しているからこそ、殺菌作用がある竹酢液が奥深くまで届いていると実感出来ているわけです。

 

白癬菌は爪の奥に潜んでいる

クリアネイルショット 白癬菌

爪水虫は白癬菌が爪の奥深くにまで入り込んでいる状態ですから、濁り爪が改善されただけでも白癬菌に対して効果があったと見た目の変化から考えられるでしょう。

実際に効果があったかどうかは医師の判断が必要となりますが、少なくとも強い浸透力によりアプローチ成分が爪の奥底にまで浸透して爪が清潔な環境になっていることに変わりはありません。

爪水虫用の塗布薬とは異なり、白癬菌を具体的にどこまで殺菌するといった作用はクリアネイルショットには無いものの、爪を清潔に保ち濁り爪の改善を行うといった点では他のカビも含めて繁殖の抑制に繋がっていると考えて良いです。

全ての白癬菌を根絶するためには、医師による処方薬を用いた水虫治療が必要になりますが、家族への2次感染を抑止しつつ綺麗な爪を取り戻せるならクリアネイルショットは優れた製品といえるでしょう。

 

クリアネイルショットで白癬菌を退治できた!?クリアネイルショット 口コミを詳しく見る!

あわせて読みたい

  • 臭いの元になってるのは”竹酢”のせい?
  • 返品するときの注意点は?

-クリアネイルショット基礎知識
-

Copyright© クリアネイルショットの口コミ!40歳会社員がクリアネイルショットを60日間使ってみた体験レビュー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.